世界一貧しい大統領の名前と国名は?年収と結婚や子供について!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

みなさま、こんにちはヽ(*´∀`)ノ

 

皆さんは『世界一貧しい大統領』というフレーズを聞いたことがありますか?

私は聞いたことはあるけれど何で有名なのかな?くらいの認識でした(´・ω・`)

たまたまTVの特集で見たのですが・・・思わず見入ってしまいました(*´д`*)

 

 

世界一貧しい大統領のお名前はホセ・ムヒカ”氏、御年80歳!!

ムヒカ氏はウルグアイの前大統領。

家族は愛する奥様と愛犬と一緒に自宅の農場で暮らされているそうです✩
実は奥様も以前国会議員をされていたそうです(^^)

世界一貧しい大統領の理由は、何と給料の9割を慈善事業に寄付(;゚Д゚)!

 

もうこれだけでもすごいと思いませんか!?

この人、いやこの御方、現代の聖人や(´;ω;`)ブワッ

 

ちなみに…なぜ9割かというと、給料を引いた残りの1割がウルグアイの平均給与の額。

少し気になったので、ウルグアイ大統領のお給料を調べてみました(・∀・)

ウルグアイ大統領の給料年間約14万ドル

ちなみに、アメリカ大統領の年収は約40万ドル、日本の首相は約20万ドル程度。

 

 

ただ、すごいのはそれだけではないのです。

逸話も色々あり、自身の私用車にヒッチハイカーを乗せたり、まるで映画みたい!!

その中でも世界中を感動の渦に巻込んだのが、国連会議でのスピーチ!!

 

ちなみに、動画を見てみました(´∀`)

 

見た感想はというと・・・

もうエネルギーというか、熱量が本当にすごいんです!!

言葉は字幕だったんですが、気持ちが本当に伝わってくる演説でした。

思いは国境なんて関係ないんですね(┯_┯) ウルルルルル

 

私ファンになりました(*^-^*)

 

何が豊かであり、何が貧しいのか?非常に考える内容です。
とても同じことはいえませんが、仮に僕みたいな一般人が言うと綺麗事(´;ω;`)ブワッ
しかし、それを大統領が国連会議という場で発信していく行動力にも感激しました。

 

 

僕の拙い表現力ではとても表現しきれませんが、言語が違っても心に響いてきます。

演説は是非動画でみられることをオススメします✩

 

世界中から注目を集めた方でしたが、現在では前大統領(;´д`)

※ウルグアイでは大統領の連続再選禁止されているとのこと。

 

やはり気になるのは、ムヒカ氏の後継者です!!

任期が終わった際に国民から『永遠に大統領でいてくれ!!』とまで愛された大統領。

後任の人はやりづらいだろうな・・・・( ̄д ̄)・・・・

 

そこで、ムヒカ氏の実子は!?と、調べてみましたが、わかる家族は奥様と犬のみ。

若い頃ゲリラ時代があり15年近くの投獄などもあったため、お子さんに恵まれなかったのかもしれませんね…(つд⊂)

 

しかし、ムヒカ氏は大統領という立場で思いを真っ直ぐに行動され、国民に道を示しています。

その道は一人一人に大きな影響を与え、また大きな愛情で包んでくれたのではないでしょうか。

道を示し、愛情で包んだムヒカ氏こそウルグアイの父であり、その教えを受けた子供たち=国民全員が後継者と私は思います。

 

 

ムヒカ氏が教えてくれたことが、今後のウルグアイの発展にどのような影響を与えていくのか?今後も注目したいと思いますo(^▽^)o

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。